ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME

ブライダルローンの返済方法は?

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますがブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式や披露宴以外にも新婚旅行や新居の購入や賃貸費用にも用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があるとないとでは、審査に通りやすくなる度合が変わってきます。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますので流石にすぐに用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利で融資を受けることが可能となります。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考慮すると、750万円から1
050万円の年収が必要になることになります。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうしすでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し、残った金額が元本に充てられるということになります。

つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀では一括返済が難しい場合は計画を立ててゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから…という人もいるかと思いますが1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

みずほ銀行にはブライダルローンというサービスの提供はありませんが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というものでローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件となっています。

固定金利は年6.700%なので、かなり低い金利に設定されているのですが更に低い金利である変動金利も選択できます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込対象者は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

銀行のブライダルローンはリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道に制限されないフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので返済期間は6か月から最長84か月で融資金額が50万円以下だと最長4年となります。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンとカードローンはどう違う?

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

金利についても大きく違いがあり、ブライダルローンは5%から7%なのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは高額融資が可能なのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

参考:ブライダルローン審査は甘い?審査基準の解説【通らない理由】

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたり500万円までと決められていることです。

つまり、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借入れがある人はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込に必要な書類は本人確認書類などがあり融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0から15.9%ですので、高いのは否めません。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入制限や雇用形態などの条件は特に注視されていないようです。

返済期間は6か月から最長7年の期間があり融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが固定金利は年6.700%なのですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

フリーローンと異なる点は使い道を証明する書類を必要になることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。


道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.