ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME => ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれます

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれます

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し、残った金額が元本に充てられるということになります。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では賄いきれない場合は夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長7年の期間があり融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も銀行のブライダルローンはリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

楽天会員や楽天銀行に口座がある人ならば簡単にオンラインで手続きができます。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

そのため、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借金があるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込に必要な書類は本人確認書類などがあり融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがみずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ブライダルローンの選び方で重要なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額のシミュレーションを行い、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンは結婚式のために借りるという大義名分はありますが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式費用だけでも相場は300万円と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

だったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

関連記事

道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.