ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME => 楽天銀行ではブライダルローンを提

楽天銀行ではブライダルローンを提

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか融資を受けられません。

融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますが250万円から350万円の範囲となっています。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

銀行のブライダルローンはリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道に制限されないフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば少し無理をしてでも一括返済してしまった方が無駄に利息を支払わずに済みます。

ご祝儀で返済しきれない場合は夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

家を購入することになった場合、大多数の人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利でローンを組むことができるのです。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考慮すると、750万円から1
050万円の年収が必要になることになります。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうし一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の収入を当てにしていても結婚式は赤字になるのが一般的で、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字になると言われています。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

結婚にかかるお金というと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万ものお金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

どうにかして100人を招待することができればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

関連記事

道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.