ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME => 銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のよう

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のよう

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚関連以外の使い道は認められていません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入制限や雇用形態などの条件は特に注視されていないようです。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、オリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の融資額は1人あたり500万円までと決められていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万ものお金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用というものは挙式・披露宴のほかにもいろいろあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

関連記事

道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.