ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME => 銀行のブライダルローンはリフォームロ

銀行のブライダルローンはリフォームロ

銀行のブライダルローンはリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道が自由なフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

ご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがすでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座がある人ならば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

関連記事

道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.