ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は?

マカロン
ナポレオン
HOME => 総量規制というのは、収入の三分の一を超え

総量規制というのは、収入の三分の一を超え

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんし一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

みずほ銀行にはブライダルローンというサービスの提供はありませんがみずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件となっています。

さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

そうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングサービスは目的別ローンではありませんので使い道が自由なフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ブライダルローンの選び方で肝心なことは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができれば300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで認められた使い道には挙式・披露宴や衣装、引き出物に関する費用や新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

関連記事

道
Copyright (C) 2018 ブライダルローンの審査は甘い?落ちた原因や審査基準は? All Rights Reserved.