DDR3メモリって何?

DDR3メモリとは、「Double Data Rate 3メモリー」の略称で、PCに使われる半導体メモリ(DRAM)の規格の一種です。

DDR2 SDRAMを改良した第3世代のDDR SDRAMとして知られ、主にパソコンやサーバーのメインメモリとして採用されています。

DDR3メモリには、チップ規格とモジュール規格の二つの規格が存在しています。

チップ規格はメモリの周波数に、モジュール規格はメモリの転送速度によって異なります。

データの転送速度については、理論上前規格DDR2メモリの2倍とされています。

DDR3の最も古いモデルが発表されたのが2005年で、その後高速な仕様が次々に開発されています(現行モデルのデータ転送速度は初期モデルの8倍)。

併せて消費電力の低減も図られており、現在は1.5Vの低電圧による動作が実現されています。

PCにDDR3メモリを増設する場合は、DDR2 SDRAMなど過去の規格と互換性が無いため、マザーボードやメモリモジュールをDDR3に対応した専用の製品に交換しなければならないケースもあるようです。

DDR3メモリの長所としては、広帯域によるPCのパフォーマンスアップ(1600MT/sまで標準化)や、低消費電力による高いパフォーマンス(ノートPCではバッテリー活動時間の向上が見込める)などが挙げられます。

コストの面でややDDR2に見劣りするものの、今後の低価格化が期待されています。

ページのトップへ戻る