育毛剤とかゆみについて

育毛剤は種類によっては激しい症状や副作用を伴うものもあります。

特に育毛剤を使う人の場合は、早く毛を生やしたいという願望が非常に強いため、つい用量や用法を守らず、過剰に使用してしまう傾向があります。

育毛剤は薬ですからどのような育毛剤でも、副作用があると考えておいた方が良いでしょう。

育毛剤を用いた際に発生する副作用で、最も多く報告されるのが、頭皮のかゆみです。

育毛剤を用いることによって頭皮のかゆみが生じる原因はいくつかありますが、まず成分中にアルコール分を含んでいる場合には、かゆみが出やすくなります。

特に敏感肌の人やアレルギーのある人、頭皮を強く洗浄し過ぎて微細な傷が無数にできてしまった人などはかゆみが出やすくなるので注意しなければなりません。

このような人の場合には、やはり育毛剤が体質に合っていないので使用を中止する方が良いでしょう。

また育毛剤を用いている人でかゆみを生じる原因として、頭皮の洗浄が充分に行われていないために、頭皮に皮質などがたまり、細菌やダニなどの温床となっている場合があります。

このようなことが原因で頭皮がかゆくなった場合は、さらに症状が悪化して、炎症を起こすケースなどもあります。

こうしたかゆみに対応するには、殺菌成分のあるシャンプーなどを用いて、こまめに洗髪することで多少は改善しますが、炎症を起こしているような場合であれば、医師に相談した方が良いでしょう。

またミノキシジルが配合された育毛剤などは、使い初めの段階でかゆみを訴える人がいます。

基本的に数週間でこうしたかゆみはなくなりますが、かゆみが数ヶ月も続くようであれば、やはり育毛剤の使用を中止し、医師に相談しましょう。

ページのトップへ戻る