犬のローン審査が通らない?審査に落ちた時の対処法は?おすすめはどこ?

スルガ銀行は関東では馴染みが浅いですが、静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンがある数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが目的別ローンや多目的ローンで対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介するとペットローンの場合だと、ペットの料金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものです。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格に「安定継続した収入」が条件として記載されていることが多いです。

ペットローンがある銀行は非常に少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。

スルガ銀行やイオン銀行にはペットローンの提供があり、信販会社のローンよりも低金利なのが特徴的です。

イオン銀行は金利が年3.8%から年8.8%、借入金額は30万円から700万円、返済期間は1年から8年迄、繰り上げ返済手数料はタダです。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。

銀行のペットローンはとても魅力的なのがお分かり頂けたかと思いますがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

セディナの総合目的ローンは入院や結婚式など大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップから発行される見積書などがあれば動物の購入にも利用できます。

ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円で、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品は充実していますが、生きている動物の販売は見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPからチェックすることができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

中でも犬の販売に力を入れているようでトップページには新着の犬ちゃんがランダムに登場しますので運命の出会いがあるかもしれません。

この子!と言う子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情です。

資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

借り入れ金額を減らすことができれば審査のハードルも下がりますから安心してペットローンに申し込むことができると思います。

頭金は多いに越したことはありませんが金額は自分で設定することができます。

ただし、犬や猫だと狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべてつぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては首輪や餌、ペットシーツなどの小物代も必要になりますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから数万円の治療費は起こり得ることと覚悟していなければなりません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンで治療費を工面するという人も増えているようです。

犬のローン(ペットローン)を取り扱う金融機関や信販会社は数多くありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり金利が低くなるほど審査のハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの場合、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%でオリコの多目的プランの金利はというと、年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利となっています。

参照:http://www.cardloan-senyou.com/osusume/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB.html

ちなみに消費者金融(プロミス)の場合は、ペットローンはないので目的ローンという商品になりますが金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低いとはいえ、年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのです。

借入の最大限度額はイオン銀行が700万円で、スルガ銀行は800万円となっていますがオリコやプロミスは300万円程度でしかもプロミスには総量規制が適用されるというおまけつきです。

アルバイトの人がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも返済能力がない人には貸せませんから、勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社ではオリコが多目的プランという商品でペットローンに対応していますが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわる必要はありません。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れはできません。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンに関しては、必ず融資を受けられるというわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行でもペットローンはありますが、専業主婦や無職の人は申し込めませんので専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットローンを提供していない銀行や消費者金融などは目的別ローンなど、使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

金利は銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社、消費者金融となっていますが金利が低いローンほど審査が厳しくなると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、ペットローンのように使い道が限られている低金利のローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはこの中で一番審査が厳しいことが予想されますから審査になかなか通らないという人は、同じ銀行のカードローンであれば審査をクリアできるかもしれません。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから2つの金利を比較し、金利が低い方に申し込むのもありです。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は少ないと思います。

ショップも動物が売れないことには困ってしまいますから信販会社と提携しローンを組めるような体制を取っている店舗も多いです。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンというのはペットならペットだけがローン対象となるローンです。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが銀行のペットローンは審査が厳しめです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

つまり、キチンと返してくれる人なら安心して貸すことができるのでそのご褒美として低金利で融資をすることを認めるという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しくその次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...など最初の一歩がなかなか...という人も多いのではないでしょうか?ペットローンを組むには「安定かつ継続した収入があること」という条件がある場合が多く年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。