介護の悩みありませんか?

新しい介護サービスで2005年に改正された介護保険法によって地域密着型サービスが作られました。
その介護保険料で介護保険制度の半分は賄われています。
(汗)地域密着型サービスが新しく作られた背景としては、高齢者社会になってきたこともあります。
(汗)そんな高齢者の方達が介護が必要な状態になった時に介護サービスを受けるためにわざわざ住み慣れた土地を離れなくても良いように、住み慣れた土地で暮らしながら近くで介護サービスが受けられるようにと言う考えから創設されています。
※但し、誰もが、この地域密着型サービスを利用できる訳ではありませんよ。
要介護認定をします。
「要介護」と認定、またはそれ以上と認定された方が利用できるとしています。
もし「要支援」と認定されたら、地域密着型サービスではなくて、地域密着型介護予防サービスと言うサービスを受けることが出来るようになります。
それでは、そんな地域密着型サービスには、どんなサービスがあるのでしょう!?「地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護」 「地域密着型特定施設入居者生活介護」 「夜間対応型訪問介護」「小規模他機能型居宅介護」「認知症対応型通所介護」「認知症対応型共同生活介護」
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】