ワキガ手術ってどんなものがあるの?

ワキガ手術にはいろいろな方法があります。

皮下組織吸引法、皮下組織削除法、皮下組織掻爬法、切除法、剪除法、などが外科的手術になります。

ほかに、電気分解法や超音波治療、ボトックス注射があります。

皮下組織吸引法は脂肪吸引法を利用したもので、ワキガの皮下組織を吸引するという手術です。

皮下組織削除法は、片方がローラーとなった特殊なはさみを使用し、汗腺や皮脂腺を皮下組織を挟むように削り取っていくという手術です。

皮下組織掻爬法は、キューレットというスプーンのようなものを利用し、汗腺を掻きだす手術になります。

技術によっては痕が残ることもあるようです。

切除法は脇の毛がはえている部分全部、汗腺、皮脂線またワキ毛ごと根こそぎ除去してしまうという手術法です。

ワキガの治療としては非常にメジャーなもので、一番古くからおこなわれてきた手術です。

剪除法は医師がアポクリン腺を確認しながら一つずつ除去していくという方法です。

かなり時間がかかりますが、跡がきれいということも言われます。

このようなワキガ手術は技術と経験を持つ医師に施術してもらうということが、非常に肝心なことになります。

経験のない医師が行って跡が本当にひどくなり、裁判となっている事例もありますから、経験数が多く、信頼できる所でワキガ手術を行うようにしてください。

医師がいなければできないのが、外科手術ですから、必ず医師がいるクリニックなどで施術するようにしてくださいね。

ページのトップへ戻る